発毛サロンとAGA治療どちらが良い?

発毛サロンとAGA治療では、どちらの方が効果があるのでしょうか。
同じ薄毛の治療をするなら効果が出やすい方を選びたいですし費用面も気になります。
いったいどちらを選ベば良いのでしょうか。

発毛サロンとは、頭皮のケアを中心とした発毛促進させるサービスで、治療とは少し違うのかもしれません。

ほとんどの発毛サロンでは、頭皮のケアと改善が主流の様で費用は高額になります。
カウンセリングをして頭皮の確認をして、強引に勧誘される場合もある様ですので、サロン選びからきちんと見極めが必要になります。
また、育毛サロンで行う行為は、医学的な根拠はない様ですので高額な費用を掛けても薄毛の改善に繋がらないというリスクもあるという事も踏まえておく必要があるかもしれません。

そういう意味でも、本当に薄毛を改善したいと思ったら、発毛外来でAGA治療を受けてみる方が懸命な選択と言えるでしょう。
医師による最新の医療行為ですので、安心して治療を受ける事が出来ます。

ですが保険が適用されませんので、治療費が高額になってしまいます。
経済的に余裕がある人で本気で薄毛を治したい人は、発毛サロンよりも発毛クリニックに行きましょう。

薬の処方だけならそんなに負担も大きくありませんので、試しに受診して下さい。
半年くらい通院したら、驚くくらい効果が実感できるでしょう。
自分の髪の毛が増える事は、薄毛の人にとって何より嬉しい事です。

どちらかで悩んでいるとしたら、発毛クリニックでAGA治療する事をおススメします。
興味がある人は、まず無料のカウンセリングを受けて下さい。
同じくらい治療費がかかるのであれば、AGA治療にしておけば発毛出来る可能性は高くなります。

タバコが薄げに関係する具体的な原因とは

疑問に思っている人も多いと思いますが、タバコは薄毛に関係しているのでしょうか。
確かにタバコは体に有害ですので、髪にも害があるかもしれません。
タバコは具体的にはどのように体に有害なのでしょうか。

タバコを吸うことによって血管が収縮しますので、血行が悪くなってしまいます。
頭皮の血行が悪くなると薄毛の原因になりますので、やはりタバコは有害だと言えるでしょう。
タバコを吸う人と吸わない人ではあきらかに違が出るはずですが、そうとも限りません。
タバコを吸う人が薄毛になるという因果関係は、絶対では無い様です。

ですがタバコが薄毛に関係する原因は他にもあります。
血液中の悪玉コレステロールが増加する事によって、それを減らす為にアミノ酸を消費してしまいます。
このアミノ酸は、髪の毛を生成する為に必要な栄養になります。
アミノ酸を使われてしまいますので、育毛に必要な栄養が無くなってしまいます。

またタバコを吸うと抗酸化物質が減ってしまい、活性酸素が増加してしまいます。
この活性酸素が頭皮に悪影響を与えてしまいます。
結果タバコを吸うと、髪を育毛させる為に必要な物が失われてしまうという事になります。
因果関係ははっきりしていませんが、タバコは薄毛の原因の一つとなりえるという事はいえるでしょう。

タバコを吸わなくても薄毛の方もいらっしゃいますので、絶対ではありませんがかなり確率は高くなります。
薄毛が気になる様でしたら、タバコは吸わない事をオススメします。髪に良い訳はありませんから。

しかし、タバコを我慢する事が大きなストレスになるのなら、タバコを止めたから健康です・・・とも言えないかもしれません。

というのも、先日知り合いの方が癌治療から復活した方にお会いしたのですが、話を聞くと発見したときはけっこう末期に近かったそうです。

それからの復活ですから、大変な闘病生活を送られたと思いますが現在タバコを吸っていました。

大丈夫なんですか?と聞いたところ、ストレスの方が良くないから我慢できないなら吸っていいよ。と担当医が言ったそうなんですね。

確かにタバコは害ですが、我慢する事による弊害もまた害になりえるという事なんでしょう。

止める事による身体的、精神的な弊害も考える必要がありそうです。

飲む育毛剤と塗る育毛剤どっちが効果ある!?

育毛剤は塗るタイプと飲むタイプに分けることができます。

塗るタイプの育毛剤は血行を促進したり、毛穴のつまりなどを予防・改善したりしてフケや痒みを抑えてくれる効果があります。育毛効果もあり、塗るタイプの育毛剤と同時にマッサージをすることによって育毛効果を高めたりすることができます。毛根に直接的に有効成分を取り入れることができますし、商品数も多く、飲む育毛剤よりも安価でドラックストアやインターネットなどで気軽に購入ができます。

また、髪の毛にハリやコシを出してくれる商品もあるので、頭皮を正常な状態にして髪の毛が健康な状態にしてくれる働きがあります。

飲むタイプの育毛剤は2つに分けられます。
医師の処方箋が必要な医薬品に該当するプロペシアなどの育毛剤と、だれでも気軽に購入ができる育毛サプリメントがあります。

もちろん、医師が処方する医薬品のお薬の方が効果は高いですが、保険適用外のため高額商品になります。

どちらも体の内側から効果を発揮してくれ、発毛に必要な栄養分を取り入れてくれる働きをします。頭皮から薬剤を浸透させるよりも薬として体内に取り込んだほうが効果的とされていて、吸収率が良いです。


臨床実験などからだと、飲むタイプの育毛剤で医師の処方箋が必要なプロペシアなどが、塗るタイプの育毛剤より効果が少し高いとされていますが、効果を感じるのには個人差があり、脱毛症の症状によって効果にばらつきがあります。

一番効果的なのは、両方の併用がより早く脱毛症の改善を期待できます。
育毛剤だけではなく、シャンプーの種類や方法の変更も効果的といえます。

AGAでハゲは本当に治る?

薄毛や抜け毛治療といえば、一昔前はカツラや増毛が一般的だったでしょう。

しかし最近は薄毛や抜け毛の治療はAGAが一般的に浸透してきました。
AGAは、男性型脱毛症の事を言いますが、治療全般を指す場合もあります。
一般の病院で行われる治療方法は進行を遅らせる治療ですが、専門外来の治療は患者に合った発毛になります。

AGAで本当にハゲが治るのか?元のフサフサの髪になれるのか?

その結論はやはり『個人差がある』としかいえないでしょう。

AGAは、医師の診察のもと飲み薬や塗るタイプの育毛剤など処方されるケースや頭皮に直接注入する発毛注射というものもあるそうです。

医師の診断の元、適切な方法で薄毛の治療を進めるのですから、個人差はあると思いますが自分の判断で育毛剤を使うよりは効果的と言えるでしょうし、何より専門医のアドバイスがあるというのは心強いものです。

薄毛や抜け毛で悩んでいる人は、検討する価値は十分にあるかと思います。
なにより失った自分の髪が戻るというのは、見た目はもちろん正確的にも明るくなり自信が取り戻せるのではないでしょうか。

基本的に健康保険適用外の治療ですから費用は割高になります。

ただし、例外として医療費控除が適応になるケースもあるそうです。
これはお役所の判断という事になりますが、精神的な理由や病気の影響が脱毛の原因になり、AGA治療を受けた場合などだそうです。
詳しく知りたい方は、最寄の税務署に相談してみる事をおすすめします。

 

AGAより皮膚科を受診したほうが良いケース

薄毛や抜け毛と言っても理由は様々ですよね。

一般的に男性なら遺伝による影響、女性であればホルモンバランスの乱れなど人によって様々です。

また、単純に肌質の問題もあったりします。

フケやかゆみ、皮膚炎など、アトピーの方もそうでしょう。

頭皮がトラブルを抱えた状態は、健康な髪が生えてくる妨げになっているかもしれません。

このような頭皮の悩みを抱えている方は、皮膚科を受診した方が良いでしょう。
自己判断で余計ひどくなる場合もありますので、おかしいと感じたら早めに受診しましょう。

薄毛で悩んでいる人は、頭皮の毛穴の詰まっているなどのトラブルが起きている場合があります。
毛穴が詰まらない様に、いつも清潔にしておく事も大切です。
自分ではきちんとやっている場合でも、汚れが落ちきれていない事もありますので汚れはきちんと落としましょう。

頭皮は意外とデリケートなので、いい加減なケアをしているとトラブルを起こしてしまいます。
汚れをきちんと落とさないとかゆみや炎症の原因になってしまいます。
薄毛や抜け毛を予防する為にもまず頭皮を清潔に保ちましょう。

普段の生活の中であまり重要に考えていないかもしれませんが、頭皮の汚れを落とす事はとても重要です。
汚れをきちんと落とさなかったりヘアケアがきちんと行き届かなかったりすると、薄毛の原因になってしまいます。

また、綺麗に洗うこととゴシゴシ洗う事は違いますので、その点は注意しましょう。
頭皮はデリケートです。ゴシゴシ洗うと地肌を守る皮脂を取り過ぎてしまい、乾燥してフケやかゆみが出る原因になります。

泡で優しく洗うという発想が大事なのですが、それでもフケやかゆみが治まらないという方は、シャンプーを見直してみることをおすすめします。

安価なシャンプーは洗浄力が強い合成洗剤が使われています。洗浄力は刺激になりますから肌の弱い方には育毛シャンプーがおすすめです。

育毛シャンプーは頭皮に優しいアミノ酸系洗浄成分に加えて、頭皮を潤す天然由来の保湿成分が配合されていて、フケやかゆみの予防に繋がりますし、頭皮が健康になるということは健康な髪が生えてくるための土台作りに役立ちます。

頭皮を清潔にする事と、洗い方やシャンプーで優しく洗う事。
手遅れになる前に、毎日のケアを怠らない様にして下さい。

薄毛の原因は遺伝や体質もありますが、多くは間違ったケアケアをしている事が原因かもしれません。
薄毛の治療をする前に、頭皮のトラブルがあった場合は皮膚科を受診して下さい。

AGA治療を受ける場合も頭皮のトラブルが改善してから、ゆっくりとAGA治療をしましょう。
どうしてかというと、頭皮の状態が万全でないとAGA治療の効果が得られないからです。

遺伝(隔世遺伝も)による薄毛の可能性。確率は?

よく遺伝という言葉を聞きますが、どのくらいの確率で遺伝は起こるのでしょうか。

血がつながっていると体質が似ていますので高い確率遺伝するかもしれませんが、どのくらいの確率で遺伝するのでしょうか。
両親とも薄毛の場合、子供が薄毛になる確率は75%位だと言われています。

どんなに似て欲しくないと思っても体質は変えられませんので、遺伝してしまう様です。

薄毛に悩んでいる両親がいるとしたら、子供は高い確率で薄毛になるのでしたら予防法はないのでしょうか。

自分と同じ体質なので無理かもしれないと諦めないで、何か予防策を考えて下さい。

遺伝によって伝えられる情報には驚いてしまいますが、怖いくらいに遺伝してしまいます。
それが良いか悪いかわかりませんが、間違いなく子供には伝わってしまうのです。
ですから薄毛の情報も残念ですが伝わってしまうという事は避けられないのでしょう。

それが親子の証になるのかもしれませんが、いらない情報までは伝わって欲しくないでものです。

遺伝を防ぐ方法はありませんから、遺伝してしまったら仕方ありません。
薄毛の情報もすぐに出る訳ではありませんが、子供が歳を取った時に親に似てしまうのです。
薄毛の情報が遺伝してしまっても、悲しまないで技術の進歩に期待して下さい。

もし薄毛が遺伝したとしてもそれは親子の証ですので、堂々としていて下さい。
薄毛も自分の個性と考えて、前向きになりましょう。
遺伝の詳しい仕組みはわかりませんが、神秘的なものと言えるのではないでしょうか。